スポンサーリンク

恐竜好きな子供に見せたい番組 Amazon プライム・ビデオ その1

私の子供(次男)は恐竜が大好きです。恐竜図鑑に付属しているDVDを繰り返し見るほどの恐竜好きです。服やズボン、靴下まで恐竜の図柄のものでないと嫌! という徹底ぶりです。そんな我が子が何度も何度も見たいと繰り返すAmazon プライム・ビデオの恐竜番組がいくつかありますので、順番に紹介していきたいと思います。

NO IMAGE

9月入学について私の考えるメリット~本当に子供のことを考えるなら今やるべき

私は9月入学に賛成です。政府は見送り方向みたいですが、ここはみんなで声を上げて復活させるべきです。私が思う9月入学のメリットは主に以下の4つですが、学生目線に立っていると思います。1.中止になった夏の大会が春に開催できる可能性がある。2.夏休みを削らなくても勉強ができる。3.受験勉強に十分な時間が取れる。4.グローバル競争力を高めるなら今しかない

小学生の水筒は丈夫さで選べ~大手メーカーの水筒を実際に使ったからこそわかる選び方

皆さんは小学生の子供の水筒をどんな基準で選んでいますか?大きさ? デザイン? 使いやすさ? 等、いろいろな要素があると思います。しかし、私は丈夫さを重視します。なぜなら、うちの長男が2年生の秋までに水筒カバーを3本壊したからです。そこで水筒カバーの丈夫さに着目して、小学生にお勧めの水筒を紹介します。

void tRrLM(); // ボイド・テラリウム 体験版の感想

完全に出遅れた感は否めませんが、発売が明日に迫った『void tRrLM()i // ボイド・テラリウム』の体験版をプレイした感想です。最近はゲームから遠ざかっていたのですが、久しぶりにプレイをしてみたいと思えるゲームに出会えました。最後に私のお勧めポイントも紹介します。

毎日が褒め曜日 第5褒 次男、ひとりで二階から

私が日常生活の一幕で、二人の息子を褒めた事を記事にする連載シリーズです。第5回は寝起きです。次男の寝起きはあまりよくありません。おそらく目は覚めているのですが自分で歩きたくない症候群にかかるようです。しかし、この日は違いました。次男に何が起きたのか続きは記事を読んでください。 続きは記事を読んでください。さて、みなさんは子供のことを褒めていますか? 私は子供を怒って叱って、気が滅入る毎日でした。でもこれからは褒めて褒めて褒め倒して、ハッピーな毎日を目指します。

毎日が褒め曜日 第4褒 次男、ひとりで二階へ

私が日常生活の一幕で、二人の息子を褒めた事を記事にする連載シリーズです。第4回は寝る時、第5回は寝起きです。まずは寝る時、次男は眠たくなると抱っこ魔に変身します。しかし、この日は違いました。次男に何が起きたのか。続きは記事を読んでください。 続きは記事を読んでください。さて、みなさんは子供のことを褒めていますか? 私は子供を怒って叱って、気が滅入る毎日でした。でもこれからは褒めて褒めて褒め倒して、ハッピーな毎日を目指します。

毎日が褒め曜日 第3褒 長男と次男、食器の片付け

私が日常生活の一幕で、二人の息子を褒めた事を記事にする連載シリーズです。第3回は食器の片づけです。長男も次男もご飯を食べた後に率先して片付けることはありません。しかし、片付けたときはすかさず褒めることが大事です。今回は食器を片付ける次男が長男に向かって言った一言に次男の成長を感じました。 続きは記事を読んでください。さて、みなさんは子供のことを褒めていますか? 私は子供を怒って叱って、気が滅入る毎日でした。でもこれからは褒めて褒めて褒め倒して、ハッピーな毎日を目指します。

毎日が褒め曜日 第2褒 次男、スモックのボタン

私が日常生活の一幕で、二人の息子を褒めた事を記事にする連載シリーズです。第2回はスモックです。スモックを着るなり歩き出してしまった次男。スモックの前はフルオープンです。そんな時、次男はどうしたでしょうか? 続きは記事を読んでください。さて、みなさんは子供のことを褒めていますか? 私は子供を怒って叱って、気が滅入る毎日でした。でもこれからは褒めて褒めて褒め倒して、ハッピーな毎日を目指します。

毎日が褒め曜日 第1褒 次男、ジャンパーの袖返し

私が日常生活の一幕で、二人の息子を褒めた事を記事にする連載シリーズです。第1回はジャンパーです。ジャンパーを脱いだら袖が裏返ってしまいます。そんな時、次男はどうしたでしょうか? 続きは記事を読んでください。さて、みなさんは子供のことを褒めていますか? 私は子供を怒って叱って、気が滅入る毎日でした。でもこれからは褒めて褒めて褒め倒して、ハッピーな毎日を目指します。

子供のしつけと叱り方~子供と一緒に成長しよう

こんにちは、こんばんは、おはようございます。茶話です。先日、テレビで子供のしつけの仕方についての番組がやっていました。私は家事をしていたのでながらで見ていただけですが、3つ言葉が私の心に残りました。そして、この言葉は私の日々のしつけに関する行動を振り返るきっかけをくれました。